テーマ:歴史

結婚とは…

金言ばかりだと思う… 昔から結婚とは…ということでたくさんの名言が残されていますね。 金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である。 サミュエル・ジョンソン 結婚前には両眼を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ。 トーマス・フラー 人間は判断力の欠如によっ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その7

厳かなる地へ。 さて2年前も訪れましたが、今回の旅でもやはり訪れることとなりました恐山。先に断っておきますが、2年前の記事と驚くほどのシンパシーっぷりですからね。 この門をくぐればそこは… 少し行った所には恐山冷水があります。 バス停、その名も“冷水” 1杯飲めば、10年寿命が延びるとい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

dent you!!

いや、want youみたいなノリじゃなくて… という訳で、なぜかこの時期に行ってきました泉岳寺。 ご立派な山門 本堂 本堂の「獅子吼」は“ししく”と読むらしく、お釈迦様の説法のことらしいです。獅子の咆吼と並ぶほどの説法ってお釈迦様すげぇっす。 この泉岳寺は赤穂浪士のお墓がある事で有名で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初詣はしご

初詣2件目行こう2件目!! 2件目だと“初”詣にならないんじゃないかというツッコミはさておき、人混みが好きな訳ではないですが、なぜか魅せられて(@ジュディ・オング)やってきました浅草寺。 松下電器の提供でお送りしております で、今回初めて提灯を下から見上げてみましたが、 見上げてごらん、雷門の底を(@…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

天神様

福岡帰郷篇もクライマックス。 だからといって盛り上がる訳ではないのですが、初詣ということで行ってきました太宰府天満宮。 参拝のスタートは西鉄太宰府駅から この駅から続く参道は参拝客でいっぱいです。素直に参道を歩いて行ったら結構大変なので、裏道を抜けてみました。 矢印のルートを通ると激混みなので…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

広島の旅 その4

お待たせしました。 という訳で宮島観光の目玉の世界遺産、厳島神社にやって来ました。 船上からの全景 入口から東廻廊へと続きます 完全な干潮になるともっとくっきりと見えるんですが… 海に浮かぶ社殿は趣があります 祓殿と高舞台を正面から 火焼前という灯台的なところ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

大きい大仏

奈良、鎌倉に負けてない!!…のか? 東北ぷらぷらで最後に、鎌倉の大仏の更新の際に教えたもらった昭和大仏を訪れました。 正式には青龍寺さん 入場料は大人400円、小人200円なんですが、1000円で年間パスポートを買うことが出来ます。1年に何度も訪れたい方は是非コチラのご購入をお勧めしますが… …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その8

鎌倉といえば… もう鎌倉行ったらここに参らん訳にはいかんでしょうが~やって来ましたは高徳院 いきなりのどアップ もとい、 ちらっと大仏様見えてる~ という訳で高徳院という名前ではぴんと来ない方が大勢いらっしゃるかもしれませんが、大仏様のお膝元でございます。 改めまして、 青空がよ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その5

不定期更新シリーズ。 意外とまだ続いていた鎌倉篇。今回は五山、七福神以外のところをお送りいたします。 まずは鎌倉駅から西に進んだ住宅街に突如出現する佐助稲荷神社。 無数に連なる鳥居好きとしてはたまらない光景 この鳥居をくぐりつつ階段を上りつつ、時々出てくるキツネ様の像の表情が険しくなりつつたど…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その4

○大って言葉に魅かれます(ハムではなく…) 五山をクリアしましたが、これだけでは全然鎌倉を満喫出来てないじゃんってことなので、他のくくりを探してみました。 先日の更新でも書きましたが、鎌倉三名鐘は事前リサーチが足りず、常楽寺をとばしてしまうというこのブログのお約束とあいなってしまいました。 鎌倉十井というのもあ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その3

日をまたいでも続くんジャイ。 ってな訳で2位と1位をご紹介。 第二位 円覚寺 とにかくでかい迫力抜群の山門。夏目 漱石の「門」にも登場するらしい… 元寇で戦死した兵士を弔う為に創建された臨済宗円覚寺派の大本山らしい…のですが、詳しいことはよく分かりませんので、北鎌倉で押さえておけポイントの1つ。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その2

五山そろって… 鎌倉戦隊ゴザンジャイ!! などという、このブログの旅行記ものでは恒例の罰当たり的な始まり方です。鎌倉といえばお寺が本当にたくさんありますが、全て観て回ることなどもちろん出来るはずもなく… という訳で、函館の坂みたいに何かのくくりを探すと、鎌倉五山という5つのお寺がありまして… では行っ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

古都鎌倉の旅 その1

いざ鎌倉。 という訳で、秋は歴史めいたところに行ってみよう企画でやって来ました、古都 鎌倉。 駅舎もなんだか雰囲気あります 本物を見る時間がない方は、駅で手軽に済ませるという…(罰当たり) まずは駅近くの一番の名所鶴岡八幡宮へ。 二ノ鳥居と以外と大きめの狛犬 鶴岡八幡宮へ向かう…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

夏の北海道の旅 その25

函館の名所を巡る旅はもう少し続く。 という訳で、今回は函館市内の名所をご紹介。(ただし、イケテる写真に限る) まずはトラピスチヌ修道院。日本初の女子修道院です。一部除いて建物内には入れませんが、敷地内の荘厳な空気に触れるだけでも行く価値あります。 正門すぐのところにあるミカエル像のマネして写真撮ると天罰…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏の北海道の旅 その6

ちぃ(しゃねんこ)散歩@札幌。 という訳で、札幌市内のベタな名所を巡る旅。 まずやって来たのは、札幌といったらここ、時計台。 この角度じゃないとね… えぇと、ご存じない方にはじめに言っておきますが、札幌の時計台は牧歌的な平原の中に佇んでいるのではなく、ビルの谷間にひっそりと存在しております。だから…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅葉の旅 その12

二社一寺篇というか、日光篇フィナーレ。 やってきましたは、日光山輪王寺大猷院。 ここは日光東照宮をド派手にした張本人である三代将軍徳川 家光公を祀る廟所です。 家康公を祀る東照宮よりも派手にならないようにグッと抑えた感じになっていますが、ここは色々な像が多かったです。 ※家康公より目立たないという家光公の考えを汲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その11

東照宮篇ファイナル。 東廻廊を奥へと進んでいくと、家康公の眠る奥社へと続いていきます。 東廻廊の奥社入口では三猿と並んで有名な眠り猫が鎮座しております。 正面から見たところ。名前の通りすやすやと眠っているように見えます。 斜め左から見ると獲物を狙っている、ように見えませんか? 三猿はだいたい思った通りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その10

東照宮は続きますが、タイトルの紅葉はほとんど出てこないようです。 豪華な東照宮を象徴するような建物が続きます。まずは水盤舎。 こう見えて手洗い場の屋根です。 ちょっとした建物でもこれだけ豪勢だとは、やるな世界遺産!! その隣には輪蔵があったりします。 お経をしまっとく建物だそうです 天海のお経がすべて収め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その9

二社一寺の主役登場!! というか、この旅での一番と言っていいほどの目的地!! 日光東照宮 にやってきました。 葵の御紋が光っております ここ日光東照宮は言わずと知れた徳川 家康公こと東照大権現を祀っている“神社”になります。歴史上の偉人が神様として祀られているのは米沢の上杉神社と一緒ですね~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その8

引き続き二荒山神社を探索。 神苑の中に入るとまずは日枝神社がお出迎え。 山と健康の神様である大山咋命(おおやまくいのみこと)が祭神 ほんの小さな社なんですが、参拝するときはぐるっと一周回ってから参拝しましょうということでした。 弥生祭で使われるお神輿が納められた神輿舎。 質素な建物と派手な神輿の対比がま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その7

二社一寺は見所満載。 続いて訪れましたのは、日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)。ちなみに宇都宮には二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)というものがあるそうですが、近所にそんな似たような名前の神社を揃って建てなくても… それはさておき、この二荒山神社の注目すべきはその御利益の数々。特に縁結びや開運などで注目されているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の旅 その6

日光山内へ進撃開始!! 日光山内は東照宮と二荒山神社、輪王寺(大猷院含む)の領域全体を示す総称で、二社一寺とまとめられたりもします。ここはセットで見ておきたいですね。二社一寺共通拝観券(\1,000)を買っておきましょう。 追加料金が必要な場所もありますが、全部通して観るならコチラの方がお得 まずは日光山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の旅 その11

今回の東北周遊旅行の最後の到達地であり、最大の目的地でもある山形県に突撃!! 山形県といえば…と振られてもピンとくるものがないというのが正直なところでした。しかし、直江兼続がスポットを浴びて、ゆかりの地が山形の米沢にあるということを知り、山形への憧れを強く抱くようになりました。(大河ではなく、戦国無双が入り口というのは内緒です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北の旅 その10

初上陸の福島編スタート。 (今回だけで終わりますが・・) まずは朝風呂ということで訪れましたは福島県磐梯熱海の湯元元湯さん。かなり歴史を感じる外観や鍵の掛からないロッカー、中にも無駄なものがなく、浴槽が二つ(温かい方と冷たい方)あるのみ。純粋に温泉に浸かることのみに特化した硬派な温泉で、もっとレベル上げしてからじゃないと太刀打ち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

東北の旅 その7

まだまだ青森を散策します。 今回目指しましたのは比叡山、高野山とならぶ日本三大霊場の一つである恐山です。 下北半島(青森県の右側のまさかり形の半島)の真ん中辺りに位置しております。ちなみに下北半島の先の方にはマグロで有名な大間港があります。 むつ市に入り、山の中を進んでいくと見えてきましたのは 一般道の上に鎮座さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more