テーマ:

三度目

毎年行くよね~ という訳で、仙台の方に行ったのなら、ヨメがどうしても行きたいといってました、蔵王温泉大露天風呂まで行ってきました。 一昨年、昨年とはまた違ったアングルで… 一昨年、昨年、に続いての三度目です。 まぁ例によって中は撮影禁止ということもあり、なぜか早朝なのに混んでいたということもあり、写真…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その11

番外篇その2です。 この旅で食べたものをただひたすら紹介していく番外篇。今回は秋田篇。 ふきやさん 秋田名物稲庭うどん 武家屋敷の角館にあるおうどん屋さん。コシとかダシがウリなのではなく、稲庭うどんの魅力はのどごしだと思います。だから夏場に冷やしで食べるのがこれまた最高。この日の天気がイマイチだっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その10

番外篇スタート!! という訳で、番外篇なのか本篇なのか分からないですが、食べたもの特集です。今回は青森篇!! 魚喰いの田 青森駅近くのオシャレビル(笑)アウガの地下が市場になっているというカオスな感じなんですが、その市場の一角にあるご飯屋さん。 大間の本まぐろと陸奥湾の帆立と下北の生うにの丼(長っ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その9

本篇フィナーレです。 という訳で、各賞を受賞しましたねぶたのみが参戦できる海上運行にやって参りました。 あのねぶたが海上を練り歩く(?)訳です。しかもそこに花火も競演しますので、最後を締めくくるにぴったしなイベントではないですか!! 豪華客船飛鳥Ⅱも沖合で参戦です 遠くから響いてくる“ラッセラ~ラッセ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その8

まさに芸術。 今となっては結構色んなところで行われているようですが、田んぼアート発祥の地である田舎館村に行ってきました。 毎年実施されていた村役場近くの田んぼアートにくわえて、今年からは何と道の駅でも田んぼアートが見られるようになるとのことで、一粒で二度美味しいって感じです。 まずは道の駅の方から。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その7

厳かなる地へ。 さて2年前も訪れましたが、今回の旅でもやはり訪れることとなりました恐山。先に断っておきますが、2年前の記事と驚くほどのシンパシーっぷりですからね。 この門をくぐればそこは… 少し行った所には恐山冷水があります。 バス停、その名も“冷水” 1杯飲めば、10年寿命が延びるとい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その6

果たして竿燈は開催されたのかっ!? 市役所前 という訳で、大雨に降られながらの秋田行きとなりましたが、着く頃には何とか天気は持ち直してくれました。(直前でまたゲリラに遭遇したけども…) 準備する竿燈も雨対策中… 観覧席は国道真ん中に作られております@清掃中 そして夜の帳が下りてきまし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その5

今度は秋田へ。 という訳で秋田篇です。目的は竿灯祭りなんですが、その前に秋田をぶらぶらしようと思いやって来ましたは、角館。ここはなんといっても武家屋敷でしょう。 まっすぐな通りと両脇の塀の感じが良いですね 武家的な門 武家的な家屋@草むらの向こう側 中に入ってみたりもしました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その4

ねぶた祭開演!! という訳で、東北の華やかな祭であるねぶた祭です。とやかく説明するより、見てもらった方が良いかと思います。ではどうぞ!! ねぶた大賞 「奥州平泉の栄華 阿弖流為と清衡」 うん、初っ端しかも大賞作品がピンぼけなあたり、このブログの安定感は素晴らしいです。 知事賞 「東北の雄 阿弖…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その3

てっぺん目指してやんよっ!! という訳で、本州のてっぺんが下北半島であることは置いといて、津軽半島のてっぺんである竜飛岬にやって来ました。 竜が飛ぶような風の強さからその名がついたとか… そしてその隣にあるモニュメントは、 えんえんと2番を流し続けてます 津軽海峡冬景色の2番の歌詞が♪ごらん…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その2

その2にしてもう夏祭りから脱線するという… 八戸で三社大祭を満喫した後は、青森の左側のてっぺんである竜飛岬を目指すことに。 風力発電の翼を再利用して、おいでませ竜飛 郵便局でも竜が飛んでます 竜飛岬といえば、青函トンネルが通っていることでもお馴染みです。 竜飛よりも大分手前のトンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北夏祭りの旅 その1

早くしないと夏が終わっちゃうから!! 八戸といえば、あまり有名ではありませんが三社大祭という大迫力のお祭りがある訳です。まぁ詳しくはコチラへどうぞ。 このお祭りといえばお囃子と山車が主役ですから、その山車を明るいうちから堪能してきました。 時季外れですが、とにかくめでたい こちらも賑やかですね …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北の大地への旅 その15

お土産盛り沢山!! という訳で、ひたすら写真だけを載っけていくという姑息な企画の第2段。行ってみましょう!! DXな方大絶賛の白クマ塩ラーメン ver.円山動物園 ver.旭山動物園 ネタとしか思えない大きさの鮭とば 北菓楼の開拓おかき。※類似品にご注意ください …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北の大地への旅 その14

余った写真を晒してみる。 という訳で、本篇で惜しくも紹介されなかったネタを掘り出すいわゆるネタ切れ救済企画。ではドンドン行ってみましょう!!手が痛いから手抜きした訳ではないですよ~ 路肩でガン見されました@知床の道ばた 「素通り禁止」と。もちろん触りました。@知床自然センター エサ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北の大地への旅 その13

本篇フィナーレ。 北海道最後の食事としてスープカレーを食べようとやって来ましたLUMBINI CURRY CAFE インドカリー、ネパールカリー、札幌スープカリーってどれが本命なのかよく分からない感じですが… 店内は小物などにいたるまでザ・インドって感じの雰囲気です。店員さんもおそらくあちらの方出身の方かと…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

北の大地への旅 その12

岬を目指す。 という訳で、今回の旅のメインイベントであります釧路湿原と知床半島を旅して大満足でございました。 最終日にただ帰路につくだけではもったいないということで、襟裳岬へと赴くことへ。 襟裳岬へと続く国道336号線は黄金道路と呼ばれております。 スタート地点の碑 海岸線を辿るこの道路 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

北の大地への旅 その11

羅臼方面へGO。 という訳で、知床横断道路で絶景を満喫(泣)した後は羅臼町の方へと抜けて行きました。 その途中で見かけた熊の湯 決して盗撮ではなく… この熊の湯は羅臼側のほとりにある本当に天然の露天風呂でして、もうこの写真のカドを曲がるとそこに湯船が広がっているという露天っぷり。っていうか、川の対岸か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の大地への旅 その10

皆さんご唱和ください。 知床半島の北西側であるウトロから南東側である羅臼へと抜ける知床横断道路を通って、目指すは知床八景の一つである知床峠へと。 この知床横断道路には、原生林に囲まれた緩やかなカーブや知床連山、天気が良ければ遠くに見える国後島といった絶景ポイントがたくさんあって期待も昂まるばかりでございます。 …
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

北の大地への旅 その9

知床五湖篇。 海からの知床満喫に続いて、陸から自然散策をすべく知床五湖にやって参りました。 八景紹介篇の使い回しという… 知床半島の原生林の中に点在する湖に便宜的にそれぞれ、一湖、二湖、サンコン三湖…という風に名前がついております。 それらを散策するのは、がっつり回る地上歩道がメインですが散策のルール…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北の大地への旅 その8

知床だろうと食べますよ。 という訳で、知床クルーズから戻って小腹も空いてきたところで、港からすぐそばにありましたウトロ漁協婦人部食堂さんを訪れました。 漁協にくっつくような感じで… 中は小さな定食屋さんといった感じで何だか落ち着く雰囲気です。 注文しましたは、ウニ丼!! セルフでって感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の大地への旅 その7

海から攻めます。 知床を満喫するべくクルージングへ。知床岬まで回るルートももちろんありますが、3時間以上かかる為あえなく断念。1時間で楽しめる硫黄山コースにしました。 お世話になりました、ゴジラ岩観光さん で、実際のゴジラ岩 from オロンコ岩頂上 コースのイメージ まぁテンション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の大地への旅 その6

○景とかに弱いもので。 というわけで、今回の旅の一番の目的である知床にやってまいりました。 何度かに分けてお送りします知床篇の初っ端は知床八景!!大好きな俳優さんは渡辺 いっけい!!…冒頭から躓いたりしましたが、まぁいってみましょう!! 一. オシンコシンの滝 アイヌ語で“そこにエ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

北の大地への旅 その5

食べ物系の記事が多過ぎやしませんかい? という訳で和商市場で生の海産物を満喫した後は、火の通った海産物を満喫するべく訪れましたはフィッシャーマンズワーフMOOにやって参りました。 港町!!って感じのロケーションが素晴らしすぎます ここはお土産を買うスペースがあったり食べ所があったり、ハローワークが入ってたり…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北の大地への旅 その4

東から攻めます。 北の大地への旅で随分と引っ張る気満々な感じなので、釧路湿原を2分割してしまう益荒男っぷり!! という訳で、釧路湿原後篇です。 西側の釧路湿原を見終わった後は釧路湿原をぶち抜く釧路湿原道路を通っていざ東側へ。 ここら辺の景色もザ・北海道って感じです。 で、東側につ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

北の大地への旅 その3

当ブログで多いのは失言… 釧路に来た最大の目的であります釧路湿原へとやって参りました。 タンチョウヅルを模したロゴがステキです。 あまりにも広大な湿原ですので、まずは西から攻めることとなりました。 若干見にくいのはご勘弁を。 本当に広いんですよ、本当に。なんてったって“山手線を重ねてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の大地への旅 その2

あれ、まだ食べんの? という訳で、函館から一転北海道の東端の釧路までやって参りました。やはり釧路のお楽しみといえば海産物!! そんな海産物を満喫出来るのが和商市場さんに他ならないかと。 信号とか映り込んで、残念な感じ… 入口からテンション高すぎて、自動ドアが反応しにくかったりもしましたが…いざ店内へ。…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

北の大地への旅 その1

初っ端から食べてます。 旅行中はダイエットは一時休憩という大義名分のもと、北海道に上陸してまずはここからということで… やきとり弁当 “とり”なのに“ぶた”という… 塩ダレ。他にタレ、塩、うま辛の計4種の味 道南の方ではやきとりというと豚肉というのは、過去の記事でも扱ったとおりでございます。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

続・冬の温泉

何故か続くという… 先日の更新で自分の温泉レベルでは敵わないような難敵に挑みましたが、その時ヨメは「熱そうだから~」という至極まっとうな理由により別温泉に入っておりました。こちらの藤島旅館さん。 古き良き老舗旅館という佇まい 旅館という名はついてますが、日帰り温泉も楽しめるという器のデカさ。お風呂自体は素晴…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

冬の温泉

史上最強かもしれない… 先日冬の東北に行くという暴挙に出た訳ですが、寒い時こそ温泉が堪らないということで、行ってきました川渡温泉(かわたびおんせん、と読みます。) 川渡温泉は宮城県にある鳴子温泉郷という5つの温泉地のうちの1つです。(鳴子温泉に関しては以前の更新をどうぞ) まず訪れましたのは川渡温泉共同浴場さん…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

広島の旅 その5

最後はやっぱ広島名物じゃけん。 という訳で、平和公園見て原爆ドーム見て、宮島回って、厳島神社に参拝して…錦帯橋という番外篇を交えてお送りした広島の旅もいよいよ大詰め。 やはり最後の〆には広島名物。訪れたのは八昌さん。 結構有名なお店だったらしい… 平日の18時頃におじゃましたにもかかわらず店内は満席。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more